結婚出来る人・結婚出来ない人

今回はずばりいきましょう!

結婚出来る人と出来ない人。

まずは結婚出来ない人は、結婚相談所の中ではこのように定義されています。

1.高望みし過ぎる人

2.失敗を他人のせいにする人

3.あら捜しをする人

4.頑固な人

5.モテる人

どうでしょうか。一般常識的にもそうだとうなずく部分がありますよね。

気になるのは5のモテる人。なぜモテる人が結婚出来ないのでしょうか。

結婚相談所いおけるモテる人とは、つまりプロフィールがとても良い人のことです。

例えば医者や弁護士のようなハイステータスの男性、年収が非常に高い男性などです。

あちこちからお見合いのオファーが来過ぎると返って一人に絞ることが出来ず迷ってしまうのです。

このような状態の人を「婚活迷子」と呼んでいます。

自分はどうしたらよいのか、どこに進んでいったらよいのか迷ってしまい結局結婚出来ずにいるのです。モテ過ぎるというのは本来の自分自身が見えなくなってしまうのです。

この結婚出来ない人の定義を総じて言うと、「自分を客観視出来ない人」です。

自分自身を見つめることが出来ない人は、うまくいかなかったことに対する反省もありませんし、自分の言動がどう相手に思われているのかも分からない人です。他人の良きアドバイスにも耳を傾けることがなく、相手の悪いところばかりを探し、うまくいかないことを全て相手のせいにします。自分自身には非はないのか、間違ったことをしていないのか、自分自身を客観視することが出来なければ決して相手の立場に立った、気配りのあるデートや交際をすることは出来ません。

結果、結婚に至ることが極めて難しいということになります。

さて、それでは結婚出来る人です。

1.相手の内面を見る人

2.相手に興味を持てる人

3.積極的に取り組める人

4.相手の立場に立てて婚活出来る人

5.素直な人

6.決断力のある人

これなら間違いないですね。

重要なのは、人間として他人に興味を持つことが出来るかどうかという点です。

ここが結婚出来ない人との明確な違いです。人種の違いと言っても過言ではありません。

こんな言葉があります。

「自分を愛せない人は他人も愛せない。」

これはとても深い言葉です。

自分自身しか関心がなく、相手のことを見ることが出来ないのはダメです。

そして、自分自身はどうでもよいが他人のことばかり世話を焼くのもダメなのです。

自分自身もちゃんと大事にした上でパートナーも大事にしなければ意味がないのです。

例えば、自分自身が健康に気を使ってなくて、どうしてパートナーの健康が分かるのでしょうか。

例えば、自分自身の身だしなみが悪いのに、どうしてパートナーのファッションについて良きアドバイスをすることが出来るのでしょうか。

自分が疲れたときに休む方法を知らないのに、どうしてパートナーを休ませてあげることが出来るでしょうか。

自分を愛するということは、他人の愛し方も知っているということです。

自分を愛せないということは、他人の愛し方もわからないということなのです。

結婚が出来る人は、まず自分自身を見つめることができ、健康や学びや気付き、楽しいこと、嬉しいことに関心があります。そして反省や方向修正が出来ます。その上で、相手に対しても愛情深く関心を持ち、相手の内面を知りたいと心から思い、相手の健康や幸せを望みます。

そのために、自分が何をしたらよいのか、何が出来るのか、二人が一緒に成長し、楽しみ、愛を育むためにはどんなことをしたらよいのか、一生懸命考えるのです。

つまり、結婚出来る人は「意志のある愛」を持てる人ということです。

そして、結婚出来ない人は「愛に意志がない人」です。

人の愛し方が分からないという人がいます。

これまで異性と交際をしたことが無いという方もいます。

意志ある愛を実践するには、一定の学びや気付きが確かに必要かもしれません。

どんな言葉やどんな行動が相手を幸せにするのか。

ほんの些細な気配りも相手にはとても染みることがあるでしょう。

そんな実践的なことをカウンセラーはアドバイスし婚活をサポートしていきます。

コンサルタント(マイク関)の直通メール。相談は無料です。mikeseki92@gmail.com

問い合わせフォームからも相談を受け付けます。

Mariage Agent DUO PRODUCE

日本結婚相談所連盟 正規加盟店 代表カウンセラー マイク関 マンション販売員から海外ゴルフ場開発、国内海外不動産開発、生産性コンサルタント、外資系他で大型商業施設・食品スーパー店舗開発、一部上場流通系企業の不動産関連子会社の代表取締役を経て独立。人と人とをつなぐことが仕事の中心でした。 人生経験豊富につきお気軽にご相談下さい。