一般的な恋愛結婚の平均交際期間は4.5年。

成婚までの費用を計算してみました。

国立社会保障・人口問題研究所が平成27年(2015)年に実施した「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」を平成28年9月15日に公表したものです。

それによると、恋愛結婚の平均交際期間は4.59年となっています。この年数を前提にこの間男性が女性に対して消費するであろうコストを計算してみます。

【交際4年で結婚した場合】

・デート代(食事代) 0.8万円×3回/月×4年=115.2万円

・誕生日(プレゼント代、食事代、宿泊費) 5万円×1回/年×4年=20万円

・クリスマス(プレゼント代、食事代、宿泊費) 5万円×1回/年×4年=20万円

・バレンタイン(プレゼント代、食事代、宿泊費) 3万円×1回/年×4年=12万円

・旅行 5万円×1回/年×4年=20万円

 これらの合計は1,872,000円になります。

【結婚相談所の場合】

成婚主義を掲げる当相談所では、会員登録して活動を始め、お見合いを経て交際をスタートさせてから3ヶ月から6ヶ月で婚約までいくことを目標としています。交際相手が見つかるまでの期間を考慮して契約期間を1年間としています。この1年間のコストは、当相談所の場合、次のようになります。

・マイペースコース  1年間の総費用 594,000円(税込)

・スタンダードコース 1年間の総費用 658,800円(税込)

・プレミアムコース  1年間の総費用 723,600円(税込) 

※どのコースも毎月1回お見合い成立で計算。パーティ等の別費用は含めていません。

このように時間的にも費用的にも結婚相談所を活用することが合理的であることが分かります。

さらに結婚相談所での出会いはあくまで結婚が前提であることがスタートです。自然の出会いの場合、長く交際しても最終的に結婚の意志があるかどうかは最後まで分からないことを踏まえるとやはり結婚相談所を活用することは成婚への確実性が高いということが言えます。

※本記事はホームページリニューアルによってページから削除された旧ホームページの記事を復元したものです。

Mariage Agent DUO PRODUCE

日本結婚相談所連盟 正規加盟店 代表カウンセラー マイク関 マンション販売員から海外ゴルフ場開発、国内海外不動産開発、生産性コンサルタント、外資系他で大型商業施設・食品スーパー店舗開発、一部上場流通系企業の不動産関連子会社の代表取締役を経て独立。人と人とをつなぐことが仕事の中心でした。 人生経験豊富につきお気軽にご相談下さい。