会話力のセンスを磨こう 相性確認のテクニックとは

お見合いや交際中の会話って緊張しますよね。

ビジネスでもプライベートでも特に初めて会った人と話すとき、会話のきっかけ作りに気を使います。

会話が上手な方はとにかく頭の中の引き出しが沢山あって、相手のタイプやそのときの状況に合わせていくらでも話題や言葉を出すことが出来ます。感心するのが売れてる芸人達、バカなことを言い演じていますが実は高学歴な人が多いですよね。話を振られたときのかえし、話題の機微、継続的にネタ作りが出来るのには相当の能力があるからなのです。

そんな会話のスペシャリストではない我々普通の人、むしろ口下手な人が、初めて会う異性とお見合いで何を喋っていいかはとても不安かもしれません。これまで異性とまともに会話もしたことが無い人もいます。でも実は、会話はちょっとした気配り、目配り、気付きによってある程度きっかけを作ることが出来るのです。

但し、そのつかんだキッカケをいかに膨らませるかはセンスによります。

そして、そのセンスは日頃の訓練によって誰でも得ることが出来ます。

難しいことはありません。

事前に会話の引き出しのポイントを把握しておけば大丈夫です。

ざっと羅列してみましょう。ほんの一部のきっかけです。

まずは小さな目の前の話題。

お茶やコーヒーを飲んでいるならその味について。使っている食器について。お店の雰囲気や内装について。窓から見える景色について。壁に掛けてある絵画について語ればちょっと文化的に格調高い雰囲気になるかもしれません。今日の天気や台風の動きについてでも取り敢えずはいいでしょう。

世間話も引き出しの一つですが、やはり相手に関心を持って色々聞き合うことを優先しましょう。一番知りたいお互いのプライベートな話こそ上手に盛り上げて華を咲かせていきましょう。

お仕事の話、趣味の話、特技、好きなモノと好きなコト、将来の夢とかいつか行ってみたい場所のようなちょっと遠くの話。最近身近に起こった小話。最近はまっているコト。今住んでいる部屋のこと。SNSについて。

これだけの項目だけでもそれぞれの話題からかなり話を掘り下げ広げることが出来ます。

このときの重要なポイントは自分の話をしたら必ず相手にも話してもらうこと。自分だけが一方的に話してはいけません。そして相手が自分の話にあまり乗って来ず、聞くことに無理をしているようであればすぐに話を方向転換しましょう。特に趣味の話や特技の話は相手が全く関心が無いようであればやめましょう。興味の無い話を長々と聞かされるのは苦痛なものです。しかし、自分には関心がないことでも、相手を知る上では興味を持って聞くものです。逆に関心がないという素ぶりを見せた相手というのはつまり自分に関心が無く、関心を持とうともしていないということがすぐに分かります。そのような相手とはそれまでです。

あらゆる話題の引き出しを出しながら、このように相手との相性を確認していくのです。

交際が始まった段階ではもう少し広い話をしましょう。どの話題に乗っかるのか、物事に対する常識感やお相手の最大関心事、持っている知識知見について知るようにしましょう。

ニュースなど一般的に聞こえてくる最近の世間話でもよいです。そしてプライベート系では家族や生い立ち、育った場所、田舎などの話を振ってみましょう。

世間話といっても実は相手の社会性は一つのポイントです。井の中の蛙(かわず)ではなく、一定の社会人としての位置付けがあり、役割があることは重要です。社交が全く無い人は、考えが狭く凝り固まっているいる場合があります。世間は関係無い、自分は自分の思いだけで生きていけばいいんだという人は結婚生活も独りよがりのルールを作ったり、自己中心な主張をしかねません。

会話に深みを持たせるコツはとにかく相手が話す方に力が入ったらしっかり相づちを打ちながら聞き役に回るということです。聞くときは聞く。話すときは話す。途中で相手の話の腰を折らないことは絶対です。その交換がスムーズに行くかどうかも相性の一つです。言葉を変えると波長が合うか合わないかということです。

そして、大分慣れて乗ってきたら需要な話題のステージにいきます。

将来の結婚像や理想の家庭、妊活と子供について、住む場所(親との同居、賃貸

分譲へ等)、仕事の行方(将来独立したいとか)、勤務地(将来転勤があるとか)、ペットを飼いたいか、休みの過ごし方、一人になる時間が無いとダメなタイプかいつも一緒に居たいタイプか(これかなり重要です)、趣味についての理解(現在の習い事の継続や費用)、男性が女性に対して家庭に入って欲しいか仕事を継続して欲しいか。宗教について。等々。

この辺の話題になると大分意見や気持ち、価値観の違いが浮き彫りになってくるでしょう。

お互いの年齢層によりますが、妊活については双方の希望をこの段階で明確に聞いておくことはとても重要です。

この辺でお相手と相性が良いか悪いかはほぼ分かりますが、さらに慣れてきたら、宇宙人を信じるかどうかとか映画やドラマの行方を語り合う空想的な話も振ってみましょう。意外に思いも寄らないところで意気投合するかもしれません。

つまり話題はいくらでも無限にあるということです。

会話には常識的に話題の段階がありますので、会っていきなり宇宙人の話はありませんよね。お見合いのケースであれば、まずは簡単な自己紹介から始めるのが当然です。

お見合いで気を付けなければならないのが、相手のプロフィールをある程度把握しておくことです。お見合いの席に印刷した相手のプロフィールを持参して見ながら話すのは非常識です。

せっかく成立したお見合いです。一期一会という言葉があるように、この一回のお見合いのご縁を大切に大事に扱いましょう。

交際中に相手との相性を確認するために必要な会話やシチュエーションがあります。

特に飲食店やカフェなどでお相手(特に男性)が店員に対してどのような態度や言葉遣いをするかを確認することは彼の本性を知るチャンスになります。店側が何か粗相をしてくれたらさらにまたと無いチャンスになります。サービスを受ける側と提供する側であっても、同じ人として公平に紳士的に対応するか、極端な上から目線の態度を取って暴言を吐くか、後者の場合、後に彼は同じことを貴女にします。

交際中の会話やシチュエーションによって相手を知るという点についてはまた別のテーマでブログに書きたいと思います。このテーマはとても深くかつ重要です。生涯の伴侶を見つけるための重要なプロセスです。

カウンセラー マイク関に個人的に相談をしたい方、どうぞ問い合わせフォームから連絡下さい。無料相談を承ります。

Mariage Agent DUO PRODUCE

日本結婚相談所連盟 正規加盟店 代表カウンセラー マイク関 マンション販売員から海外ゴルフ場開発、国内海外不動産開発、生産性コンサルタント、外資系他で大型商業施設・食品スーパー店舗開発、一部上場流通系企業の不動産関連子会社の代表取締役を経て独立。人と人とをつなぐことが仕事の中心でした。 人生経験豊富につきお気軽にご相談下さい。